MASYS-PAの入力・編集機能

データ入力(作成)・編集機能

データの入力と編集(更新)の正確性は特許管理システムで最も重要です。
管理データを作成しなければ話が始まりませんがMASYSではこの厄介な管理データ作成・編集も複数の手段を用意し、状況に応じて最適な手段を選択できるようにしています。

 

データ作成機能

管理データの作成は手入力のほか、受付データからの転送、電子出願HTMLデータからの取り込み、NRIサイバーパテント等の外部DBからデータの取り込みなども可能です。

 

PAデータ作成機能

 

データ編集機能

入力手段と同様に、入力後データの精度を維持するためには更新データの入力を怠らないことが重要になります。
このための編集機能も1つだけでなく複数用意していますので、そのときの編集データの状況から最適な方法を選択して効率的な編集作業ができます。

 

経過管理編集メニュー

 

MASYS_TOPページへ戻る