MASYS-PA経過管理の画面構成

メイン機能となる経過管理は、ボタン切り替えによる見やすい4画面構成。
知財業務の一般的な知識があれば、誰でも簡単に使いこなせます。

基本画面

PA経過管理_基本画面

 

  • 出願人や発明者は明細で管理しますので、人数制限等はありません。共同出願人との持分や発明者間における補償金支払いの比率等も細かく管理できます。
  • 出願関連書類にフォルダをリンクさせれば、大量の包袋書類電子データも一元的に管理することができます。※詳細はこちら
  • 「適用用品」や「関連テーマ」「関連グループ」といった項目を利用することで、自社の商品(事業)と特許との対応関係を管理することができます。

経過画面

PA経過管理_経過画面

 

  • 手続補正・拒絶査定等の重要中間記録が中間記録欄に入力されると事件種別/送達日/手続期限等が自動セットされます。
  • 中間審査経過入力の要対応事項に対して、いつ、誰が、どう対応したかを入力。対応状況を容易に把握することができます。法定期限や指定期限のみならず、社内業務的な対応期限についても期限管理の対象にすることができます。
  • 外国特許管理システムが同時に導入されていると、外国ファミリを参照表示できます。

要約画面

PA経過管理_要約画面

 

  • 図面の画像ファイルをリンク設定しておくと、イメージを表示します。図面の拡大・縮小も可能です。

年金画面

PA経過管理_年金画面

 

  • 次回の年金納付期限と年度が入力されます。年度を入力すると対応納付期限を納付起算から自動計算します。

MASYS_TOPページへ戻る